納涼床
納涼床

暮れゆく空に涼を求め
川床で過ごす
ふたりだけの時間

めぐり来る季節を告げる、鴨川納涼床。川面に吹く風、暮れなずむ空。数百年もの時を経て人々に愛されて続けてきた夏の催しを、一夜だけでも独り占めすることができたのならーー。先斗町別邸が設ける川床は、この期間に滞在するたったひと組のゲストのための空間です。京都の夏を肌で感じる解放感とふたりだけのプライベート感が同居するひとときは、心に残る特別な思い出となることでしょう。

Location

歴史と自然に触れる
京都の夏の風物詩

5月から9月にかけて、木屋町二条から五条までの間の100軒近い飲食店が一斉にみそそぎ川の上に床を張り出す、夏の風物詩。鴨川納涼床は数百年にわたる歴史の中で幾多の変遷を遂げながらも、今日まで受け継がれてきた京都の粋な伝統文化です。景観保護のため、極端に露出の多い格好、ブランケット、日傘やパソコンのご利用はご遠慮願っておりますが、その分、川風に吹かれながら自然の中で食事する喜びを実感していただけます。

川床の歴史

納涼床の始まりは、近世初頭にまで遡ります。戦乱を経て天下統一を果たした豊臣秀吉が鴨川の三条、五条橋を架け替えた頃から、河原は見世物や物売りで賑わい始め、裕福な商人が河原に席を設けて客をもてなすようになったといいます。

江戸時代には中州に床几を出す形式が広がります。鴨川に石垣や堤が整備され、付近に花街も形成されると、両岸の茶屋からは、張出式の床も出されるようになりました。「河原の涼み」と呼ばれ、夏の年中行事として定着していきます。

明治から大正にかけて、鴨川運河開削や京阪電車の延伸で左岸の納涼床は姿を消します。さらに大正期の治水工事の結果、床几形式の納涼床も禁止されました。右岸にみそそぎ川が開削されるものの、戦争によって納涼床の灯りは途絶えます。

戦後、「納涼床許可基準」が策定され、右岸の高床形式の納涼床が復活します。近年はバーやカフェなど新たな営業形態も仲間入りし、京都鴨川納涼床協同組合の定める「納涼床設置規則」のもと、納涼床の伝統を未来へと受け継いでいます。

旬の仕出し料理をお部屋で味わう!
二食付きプラン (朝夕食付き)

旬の仕出し料理をお部屋でお召し上がりいただけるプランです。仕出しでもてなすお茶屋のように、京都の伝統的な食文化を体験してみませんか。夕食には八寸や造里などからなる仕出し2段弁当、朝はサンドイッチを中心としたBOX形式の朝食をお持ちいたします。提供時間、記念日などの対応は事前にご相談ください。

鴨川納涼床付 ご宿泊プラン (素泊り)

京都の夏の風物詩である鴨川納涼床。そんな川床を独り占めできる、5月1日から9月30日までの期間限定のプランです。飲食店が軒を連ねる先斗町において、川床付きステイができるのは当ホテルだけ※2019年1月現在。お部屋からせり出したプライベート感溢れる贅沢な専用床で、東山の景観と京都ならではの粋な夕涼みをお楽しみください。